旅行会社とLCCのタッグ

最近では、インターネットの普及によって、旅行会社は大きな転換期を迎えてきています。
インターネットによって、旅行会社を経由しなくても、お得な旅行に行けるようになったのです。
航空会社の正規割引航空券も、一時期と比べてかなりお得になってきました。
ホテルの予約サイトというのも大盛況です。
かなり安い値段でホテル予約をすることができます。

そして、旅行会社にとってもっとも脅威なのが、格安航空会社(LCC)ではないでしょうか。
これまで、旅行代金全体の価格を上げていたのは、飛行機でした。
旅行会社は、団体旅行用の航空券を仕入れることで、安い飛行機代を実現させていました。
しかし、格安航空会社は、個人にも格安な航空券を提供しています。
しかも、仮に旅行会社が格安航空会社の航空券を取り扱ったとしても、その利益はほとんどありません。
逆に、格安航空会社のリスク対策をしなければならない分、損になるかもしれません。

しかし最近、大手旅行会社と格安航空会社がタッグを組んで、パッケージツアーを発売しました。
格安航空会社では、遅延や欠航などに対する補償がありません。
しかし、パッケージツアーにすることで、旅行代理店がそれを補償すると言うものです。
これによって、格安航空会社を気軽に利用してもらい、旅行需要を喚起しようというのです。