アメリカの人口は世界3位、適正な人口だろうか

人口第1位は中国で約13憶人、2位はインドで約12憶人、3位はアメリカ約3億人です。日本は約1憶3千万人で世界10位です。韓国は約5千万人です。最近、韓国の歌手が音楽市場の大きい日本に進出して来ます。人口が少ない韓国より、日本で売れるように、歌に踊りに日本語も勉強して勝負をかけています。実力第一のエンタメ界、しょうがないです。アメリカの人口はこれから増加するのでしょうか。経済が低迷しているアメリカです。円高ドル安が加速しています。アメリカは日本の25倍の面積があるのに、人口は2倍強、人が住む地域と住めない地域があるので簡単に言えないが、もう少し人口が増えた方が国力が増すような気がする。発展途上国の中国でしたが、あっという間に、経済大国2位になりました。インドも成長していく国だと思います。最近、数学オリンピックでいい成績を取るのは、中国人やインド人が多いそうです。人口が多いと、優秀な人も多いということでしょうか。先進国のヨーロッパの人口は、イギリスやイタリア、フランスは約6千万人と日本の半分、ドイツは8千万人です。日本の人口は少子高齢化で、減少が進むでしょう。人口が多い都市第1位は東京、ニューヨークは第6位だそうです。国として経済力があり、人間らしい暮らしが出来て、幸福度が高い生活をするのには、どのくらいの人口が適正なのだろうか。