アメリカで日本の抱っこにおんぶの子育てが見直されている

アメリカと日本の子育てを比較してみます。アメリカの子育ては、自立心を育てることを最優先します。日本は出産して翌日くらいからは、母子が同じ部屋で過ごすことが多い。個室でない場合は、授乳室に出向いて行く。赤ちゃんは足に名前を付けて、ししゃものようにベビーベッドに並んで寝ている。初めての母乳は「初乳」と呼ばれて、栄養が高く、赤ちゃんは免疫力がつきます。アメリカは母乳ではなく、ミルクで育てる割合が多いと思います。日本は「川の字で寝る」のことばがあるように、親子が同じ寝室で寝ることがほとんどです。夜泣きをすれば、やれオムツが濡れてるか、お腹が空いているかとてんやわんやです。アメリカは紙オムツを取り替えて、ミルクをたっぷりあげた後は、一人で寝付かせて、夜泣きしようが放って置く。小さい頃から独立心が育つように、寝室は親子別なのだ。しかし、日本式のおんぶに抱っこの育児が、アメリカの母親達から、見直されている。泣く子を抱いて、あやして、抱っこして、おんぶすることは、子供の情緒を安定させて、その後の子育てがスムーズにいくと見直されています。でも最近はおんぶしている母親を見ることは、ほとんどありません。代わりに前抱っこをしている父親は、よく見かけます。自立心を育てるには、幼児期にいっぱい愛情を注いで、抱きしめて育てる方が、思春期にすんなりと子離れ、親離れが出来ると思います。